This page:自転車保険WEBTOP > 自転車保険の比較 > ゼネラリ保険

ゼネラリ保険

スポンサードリンク

ゼネラリ保険も自転車総合保険を扱っている会社の一つです。

このゼネラリ保険の自転車総合保険は、国内において、自転車で人をはねてしまったり、搭乗中に誤って器物破損事故を起こしてしまった場合や、転倒によって自分が怪我をしてしまった場合に治療費やお見舞金などの補償がされるというものです。
また、歩行中に自転車に撥ねられてしまった場合にも、保険金が下りるようになっているので、かなり便利です。


タイプも家族型と個人型がそれぞれ保険料に応じて5タイプずつあります。
いずれも3年契約で、個人型は3,360円~18,050円、家族型は6,790円~41,790円を一括で支払う事になります。


支払われる保険金は、死亡保険金(500万円~1億円)、後遺障害保険金(500万円~1億円)、入院保険金(1,500円/日~5,000円/日)、通院保険金(1,000円/日~3,000円/日)、賠償責任(1000万円~1億円)となっています。
自転車保険の中では、かなり支払われる額が高い部類に入る保険だと思われます。
ただし、故意による怪我や自然災害、戦争、心神喪失中の事故による負傷など、保険金が支払われない例もいくつかあるので、事前にしっかり確認しておきましょう。

ゼネラリ保険の自転車保険の特徴は、ある程度補償範囲が広い上で、しっかりとした額の保険金が支払われるところです。
特に賠償責任に関しては、最大で1億円が下りるので、万が一の場合に備えとしては申し分ない金額と言えます。

 

会社の概況
ゼネラリグループの概要(2006年12月末現在)
設 立: 1831年(現イタリア共和国内)トリエステ市
本 社: イタリア共和国トリエステ市アブルッツィ公広場2番
Piazza Duca degli Abruzzi, 2, 34132 Trieste, Italy
会 長: アントワンヌ・ベルンハイム
2006年総収入保険料: 603億8,330万ユーロ

なお、 当社は会社格付けにおいて、AA(スタンダードアンドプアーズ社)という高い評価を獲得しております。
日本本社の概要(2007年3月31日現在)
事業免許取得日: 1987年1月13日
日本本社所在地: 東京都港区赤坂1丁目12番32号 アーク森ビル西30階
日本における代表者: ディエゴ・デロレンズィ
従業員数: 61名
営業体制: 営業店舗数 6
テレラインセンター 1
代理店数: 407店

サイト情報

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

サイト管理者