This page:自転車保険WEBTOP > 自転車保険とは > 自転車の個人賠償責任保険

自転車の個人賠償責任保険

スポンサードリンク

自転車保険は、ほとんどの場合、傷害保険と個人賠償責任保険がセットになっています。ただ、この自転車保険の場合、その補償の範囲があまり広いとはいえないのが難点です。そこで、有効なのが個人賠償責任保険単体での加入です。

自転車保険に加入するのではなく、個人賠償責任保険で加入した場合、自転車保険では保険金が下りない、または自転車とは関係ないケースにおいても保険金が貰えるという場合がいくつかあります。

例えば、飼い犬の散歩中に、その飼い犬が他人に噛み付きケガをさせてしまった時にも、保険金が下りるようになっています。

また、買い物の途中で、誤って陳列している商品を損壊してしまった場合にも、補填が効きます。あと、自動車の試乗中に擦ってしまった場合などにはかなり有効ですね。

他にも良くあるケースとしては、マンションやアパートに住んでいて、お風呂や台所の排水溝が詰まって水漏れを起こし、下の階に損害を与えた場合などにも、保険金が下ります。

これらは自転車とは直接関係のない事故ですが、個人賠償責任保険の補償範囲になるのです。つまり、個人賠償責任保険は自転車に特化した保険ではなく、個人賠償責任保険の補償の中に自転車に関する損害が含まれるという事です。

これによって、自転車だけの保険だと割高感が大きいと感じてしまう人でも、納得して入る事ができるのではないでしょうか。保険料も安く済みますので、気軽に加入する事ができます。

個人賠償責任保険は、自転車に係る事故だけではなく、日常のいろいろな損害に対して補償が欲しいという人には、ぴったりの保険と言えます。

サイト情報

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

サイト管理者