This page:自転車保険WEBTOP > 原動機付自転車 > 原動機付自転車と自転車の違い

原動機付自転車と自転車の違い

スポンサードリンク

原動機付自転車と自転車には、大きな違いがありますが、何かわかりますか?
エンジンが付いているか、付いていいないかは、もちろんですが、
実は、保険加入義務があるか、ないかです。
原動機付き自転車は自動車と同じく、自賠責保険に加入する義務があるのです。自転車にはその義務はありません。
ご存知でしたか?

ここで一つ疑問が浮かびましたね?!電動自転車は、いったいどっちに区分されるの?という疑問。
電動自転車には、2つのタイプがあります。
1つは、一般的な電動アシスト自転車と呼ばれるバッテリーとモーターの力で、ペダルを踏む時に補助してくれる自転車の場合は、法律上自転車としてみなされるので、保険加入の義務はありません。

もう1つは、フルアシストタイプの電動自転車です。こちらは、ペダルを漕がなくてもオート走行が可能で人力より強い動力で動く乗り物は、法律上原動機付きとみなされます。よって、フルアシスト電動自転車は、自賠責保険へ加入する義務があります。
通常の電動自転車は電力が人力を超えないよう設定されているので、原動機付とはみなされないのです

フルアシスト電動自転車で公道を走るには、保険の加入だけでなく、免許の所持や公道を走る許可(ナンバー取得など)が必要です。
電動自転車の購入を検討されている方は、その自転車がフルアシストなのか、そうではないのかをしっかり確認しておきましょう。
通常の自転車と同じ感覚で乗りたい人は、フルアシストタイプではなく通常の電動自転車を購入するようにしましょう。
フルアシストタイプの電動自転車に普通の自転車と同じ感覚で乗っていると、警察に捕まってしまう可能性もありますよ。
つまり、フルアシスト電動自伝車は、原付(原動機付)と同じなのです。

サイト情報

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

サイト管理者